家庭でできる肥満予防

肥満予防は健康のためにも重要な課題です。
蓄積した脂肪をダイエットで減らすのは困難です。
肥満になってしまう前に予防をすることが、健康維持につながります。
普段から、体重が大幅に増えることがないように食事やお酒の量を気にして、運動の機会を増やすことを心がけましょう。
最近はいろいろなダイエットグッズやエクササイズDVDなどが売り出されているので、こうしたものを習慣にして肥満予防jに役立てるのも良いですね。ライフスタイルや体質に合わせてダイエット用品を選ぶことで、肥満予防も取り組みやすいものとなるでしょう。
膝や腰に負担がかかる運動は避けたい人や、ジョギングやウォーキングをしたいけど外に出るのが億劫だと思う人には、エアロバイクがおすすめです。
体にはあまり負担がかかりませんが、適度なペースで運動を続けることで肥満予防になります。適度な運動を習慣にして体脂肪を減らしたい場合や、運動中心のダイエットをしたいという人には、ルームランナーが良いでしょう。毎日外に出てジョギングやウォーキングをすれば心身ともにリフレッシュできて良いのですが、ルームランナーを一台用意しておくことで、天候や季節に左右されず、毎日確実に運動をすることができます。
数日間休んだらやる気がなくなってしまうというタイプの人にも、ルームランナーはおすすめのダイエットアイテムです。

脂性肌のスキンケア

脂性肌はオイリーとも呼ばれる肌タイプで、男性だけでなく女性にも見られる肌質です。
脂性肌は、手で触れた感触が油っぽい傾向があるため、水分も多いように思われがちですが、実は肌内部は乾燥していることがあります。
正しいスキンケアができていない場合、肌内部の乾燥に気づかないことは多いでしょう。
脂性肌になると、肌の表面が脂っぽく、テカリやべたつき、化粧崩れなどが目立つようになります。
脂性肌の基本のスキンケアは、正しい洗顔で余分な皮脂を取り除くことです。
テカリやベタツキを気にして頻繁に洗顔をする人がいますが、これは逆効果です。
必要な皮脂や保湿成分まで洗い流してしまわないよう洗いすぎには注意してください。
汗や余分な皮脂、肌についたホコリや雑菌を洗い落とすのが本来の正しい洗顔です。
洗顔のときは、石鹸の泡でくるみこむようにしましょう。洗うとき肌をゴシゴシこするのは絶対に禁物です。
泡立てネットなどを使ってキメ細かく弾力のある泡をつくったら、優しく肌で転がすようにして汚れを取り除きます。
そして、ぬるま湯でしっかりすすぎましょう。洗顔でどのくらいきちんと汚れを落とせるかがスキンケアのポイントです。
睡眠不足、ストレス、脂質を多く含む食事は脂性肌を悪化させます。適切なスキンケアのためには油ものやスナック菓子は控えたほうが良さそうです。

レシチンの摂取方法

レシチンを効率よく摂取するためには、サプリメントを飲むかレシチンを含む天然の食材を食べるのがおすすめです。
レシチンは、卵黄や大豆、大豆加工品、レバー、ピーナッツなどの食品に含まれています。
卵黄はレシチン以外にビタミンやミネラルも豊富に含む健康食材ですが、コレステロールが高いので注意が必要です。
ピーナッツなどは食べやすいですが、脂質が多く含まれているので食べ過ぎに注意しましょう。
レシチンの摂取に適しているのは、豆腐や納豆などの大豆製品です。
毎日の食事にこれらの食材を使わないと人は、サプリメントを利用すると良いでしょう。
レシチンのサプリメントには錠剤タイプやソフトジェルタイプ、顆粒タイプなど、いろいろなものがあります。
大豆パウダーのサプリメントは料理に使用できるというメリットがあります。
サプリメントでレシチンを摂取する場合、どのくらい有効成分が配合されているか成分表示を確認しておいたほうが良いでしょう。
レシチンのサプリメントは、ドラッグストア、通信販売でも簡単に入手できます。レシチンの摂取だけしても健康に効果はないので、ビタミンやミネラルなどの栄養素と一緒にバランスよく摂取することを心がけましょう。
栄養素が欠乏した状態では、レシチンのサプリメントの効果も半減します。
サプリメントを飲むときは、レシチンだけでなく、他に不足している栄養素も一緒に摂取してバランスを整えることが健康への第一歩となるでしょう。

ダイエットに役立つ生姜紅茶の作り方について

おいしい生姜紅茶ダイエットの作り方をご紹介しましょう。
まず、沸騰したお湯でお好みの濃さの紅茶を作ります。
そこに、すりおろした生姜を小さじ1杯~2杯加えます。これだけだとかなりクセがあって飲みにくいので、ハチミツや黒砂糖を少量加えて甘みを出したらおいしく仕上がります。
生姜は生のものでも良いですが、市販のチューブの生姜でも作ることができます。香りや風味にこだわるなら、生の生姜を使った方が良いでしょう。
ハチミツや黒砂糖には鉄分などのミネラルが豊富に含まれているので、紅茶に入れると色が赤から黒っぽい色に変わります。黒くなった状態のほうが、体を温めたり代謝を良くするといわれているので、黒くなって気持ち悪いと思わずにこの状態を飲むようにしましょう。
また、ダイエット効果だけでなく、ミネラル豊富な黒砂糖や蜂蜜を生姜紅茶を足すことで滋養強壮効果を得ることができます。ダイエット中はどうしても栄養が不足しがちですが、おいしい生姜紅茶で栄養補給ができるのでうれしいですね。
ちなみに、生姜紅茶の1日の摂取量の目安は、マグカップに2杯~6杯です。ダイエット効果を高めるためには、まずは起きてすぐのモーニングティー、そして、運動前や入浴前に飲むようにしましょう。
おやつ代わりやのどの乾きを潤す時など、こまめに生姜紅茶を飲みましょう。
朝飲むことをおすすめするのは、体温が低く代謝も低下した体をしっかりと温めて目覚めさせるためです。
生姜紅茶の利尿作用や発汗作用を上手に利用するためには、運動や入浴前の摂取がおすすめです。
生姜紅茶を飲んで半身浴をすると、たっぷり汗をかくことができてデトックスや美肌にも効果的ですよ。

悪玉コレステロールを減らすサプリメント

悪玉コレステロールは、ストレス、たばこの吸いすぎ、運動不足、野菜不足などの生活習慣を続けていると増えてしまいます。
サプリメントで対策する場合でも、普段の生活習慣や食事内容の確認を怠らないことが大切です。
体内の悪玉コレステロールを減らして健康的になるためには、サプリメントを飲むだけでなく適度な運動や規則正しい生活が大事なのです。
アメリカの研究では、体内のコレステロール値が180以上になったときに心臓病リスクが上昇すると発表されています。コレステロール値があがると、心臓病リスクが高くなるのは言うまでもありません。
紅麹菌は、血中のコレステロール値を下げる効果に期待されている成分ですが、意外にもサプリメントには多くの成分が使用されています。
麹は通常、淡緑色をしていますが、紅麹は鮮やかな赤で、お酒を醸造する時などに用いられています。
悪玉コレステロール減少だけでなく気持ちを落ち着かせる効果などもある有用な成分です。
また、DHA配合のサプリメントは、悪玉コレステロールを減らすだけでなく、脂肪燃焼効果もあります。
DHAはイワシやサンマなどの魚に含まれていますが、魚をあまり食べなくなった現代人も、サプリメントであれは手軽に摂取することができるでしょう。
大豆イソフラボンは、女性ホルモンの一種であるエストロゲンに似た作用を持つ成分です。
大豆には特に多く含まれていて、悪玉コレステロール対策や更年期障害の軽減、乳がんの予防などに効果があるといわれているので、サプリメントとして取り入れる女性も多いようです。

ダイエットを始める前に

ダイエットを始める前に、準備してほしいものがあります。まず一つは体重計です。ダイエット中は、なんといっても減っていく体重を見ることが大きな励みになります。

体重計には毎日乗って、体重が順調に減っているかどうかをチェックしてください。期待どおりに減っていれば、もちろんやる気が高まります。その調子でダイエットを続けましょう。

たとえ減っていなくても、すぐにはあきらめないでください。必ず何か原因があるはずです。食事の量が多かったのか、運動量が少なかったのか、もう一度自分自身の生活を見直してみるべきです。

もう一つ、できれば体脂肪計も用意しましょう。ダイエットの目的は脂肪を落とすことなので、いくら体重が減っていても体脂肪が減っていなければ意味がありません。いちばんの目的である体脂肪が、きちんと落ちているかどうかを確認するためにも、体重とともに体脂肪率も毎日測定したいものです。

体重と体脂肪率を測り、最終的に減った体重の6割に相当する分、脂肪が減っていればダイエットは成功です。通常、ダイエットをはじめて1ヶ月ほどは、体重が減ったとしても、その約8割は水分です。脂肪が減ってくるのはそのあとだということも覚えておくとよいでしょう。

ワキ脱毛をアトピーでもやれる?

アトピーや肌が弱い敏感な方は、脱毛ができるかどうか不安だと思います。症状による肌状態にもよりますが、ワキ脱毛は可能です。むしろ、カミソリや毛抜きなどを使用して自己処理をするよりも、脱毛をした方がダメージが少ないので良いといえるのです。

ただ、アトピーの症状がひどい時には、場合によっては肌の状態を整える治療が先になる場合もあります。カウンセリングで相談すると良いでしょう。

脱毛サロンのフラッシュやレーザー脱毛は、肌に刺激を与えない負担が少ない方法です。そのためアトピーや敏感肌の方でも安心して受けることができるようになっています。

ムダ毛の悩みは深刻ですが、肌のことを考えた場合には、カミソリなどで剃ったりする自己処理はやめた方が良いでしょう。ワキ脱毛をすると、ムダ毛が気にならなくなるだけではなく、素肌も健康になるためスベスベで滑らかな状態になります。

脱毛サロンなどでは、スキンケアの状態も整えるようにケアしていくので、悩んでいる人は一度無料カウンセリングを受けてみると良いでしょう。その時にアトピーであることや薬を飲んでいる場合には相談しておくと安心です。

中高年の婚活について

中高年の婚活は、一昔前と比べると、とても多くなっています。その理由の1つは、離婚が増えているからです。離婚した人は、中高年世代で新たに再婚を考えています。

また、晩婚化も大きな理由で、中高年になるまで独身の人がたくさんいます。中高年の婚活は、非常に難しく、昔のように、知人や親せきからの紹介でお見合いをする人も少なくなりました。お見合いする機会がずいぶん減ってきたことから、結婚相談所に登録する人がほとんどです。

また、年代別に分かれた、お見合いパーティーに行って婚活する人も多く、中高年の婚活は盛んです。中高年世代の婚活を成功させて、第二の新しい人生を踏み出すには、自ら行動していかなくてはなりません。自分から積極的に行動しないと、なかなか結婚することはできません。

一昔前なら、自分で婚活をしなくても、親せきの人が、年頃の娘さんを紹介してくれたものですが、時代の変化とともに、初婚年齢がどんどん下がってきていて、中高年の独身者が蔓延しています。中高年の婚活は、就職と同様、非常に競争率が激しくなっていて、狭き門となっています。

脱毛サロンは痛くない

脱毛は、やっぱりプロに行ってもらうのが一番! セルフケアをずっと続けているという人でも、一度プロの脱毛を体験してみれば、その効果の違いに驚くはずです。

プロの脱毛は、肌に優しいだけでなく、肌をつるつるしっとりにしてくれる作用もありますから、ムダ毛の除去とスキンケアが同時にできてしまうのです。しかも、昨今の脱毛サロンは痛くないのが特徴的です。

皮膚表面のムダ毛や肌の表面にはほとんどエネルギーをかけずに、皮膚内部にあるムダ毛の根元組織にだけ働きかけるように調整された特殊な光を使用しているため、痛みはほぼ感じられなくなっているのです。

脱毛が初めてで緊張している方や、痛いと思いやすい人でも、ワゴムでパチンとはじかれた程度の刺激しか感じることなく終わってしまうので、子どもでも安心して施術を受けることができます。

さらにプロの脱毛なら、事前と事後の保湿ケアまでしっかりと行ってくれますから、肌にかかる負担はさらに少なくすみ、痛みとも刺激とも無縁でいられるんですね。セルフケアで毛抜きを使ったりワックスを使うほうが、よほど痛みが強く感じられるというほどです。

脱毛をスタートするのは2月くらいがオススメ

人気の脱毛エステは予約が取りにくいという噂がありますが、実際はどうでしょうか。

エピレやミュゼなど、低価格で通えるサロンはお客さんの年齢層も幅広く、便利な場所にある人気店はなかなか予約が取れないという話を聞くことがあります。

実際にエピレに通っている友達に聞いてみると、施術5回目で希望の日に予約が取れなかったことはないとのことでした。脱毛エステが忙しいのは、季節でいうと春夏、曜日だと土日だそうです。

だから、春に脱毛をスタートして、主に土日の午後に通いたいと思っている場合、店舗によっては予約が希望通りに取れないこともあるかもしれません。春ごろからエステで脱毛したいなぁと思っている場合、少し予定を早めて2月くらいにスタートするのがオススメです。

脱毛は毛の成長サイクルに合わせて2ヶ月に1回くらい通います。3回目の施術を受けるころにはかなり毛が少なくなっているのですが、そうすると、2月、4月に施術を受けると6月の施術後はかなり肌がツルツルになっているので、夏に間に合うというわけです。

12月にスタートすれば、半袖になるころにはほとんど毛がなくなっています。脱毛を始めるなら冬がベスト、というのは、こういう理由なのです。

Just another WordPress site